心理福祉学科のご紹介

【ブログ記事は「最新の投稿一覧」からどうぞ】


心理福祉学科は「心理コース」と「福祉コース」の2コースから成る、心理学と社会福祉学を学べる学科です。少人数教育を掲げ、近隣大学にはない親身な教育・サポートを特徴としています。

心理コース

心理学のスタンダードを学ぶことができます。特に少人数でしっかりと体験的に学べる「研究法」の科目をそろえています。「認定心理士」および「認定心理士(心理調査)」(予定)の資格が取得できるほか、毎年、大学院に進学して「臨床心理士」などの資格を目指す学生もいます。
心理学初の国家資格である「公認心理師」への対応についても、検討を始めています。

福祉コース

現場経験豊富な教員がそろい、実践的な福祉を学ぶことができます。介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士の資格を目指すことができ、頑張ればダブルでの資格取得も可能です。資格試験に対しては、試験対策講座を開催して、学生の合格率アップを目指しており、少しずつ効果が出始めています。
資格の取得だけではなく、福祉専門職としての実力を高めるため、実習教育が充実しているなど、福祉専門職養成のためのカリキュラムを用意しています。

【注目の記事】

教員の声~松﨑吉之助講師